体内にボルトが入っていると脱毛は出来ないの?

脱毛サロンでは、事前チェックで体内にボルトを入れているかと尋ねられます。骨折や歯の治療などで、体内にボルトが埋め込まれている人は多いようです。で脱毛サロンは、なぜそのような質問をするのでしょう。
なぜなら、体内にボルトが埋め込まれていると、大きなケガにつながる可能性があるからです。脱毛サロンでは、ボルトを入れていると断られる場合が多く、受け入れられても、ボルト周辺は避けて脱毛施術が行われます。金属が入っていると痛みを強く感じたり、火傷をする恐れがあるからです。なので、施術を受けたいからと言って、ボルトが入っていることを申告せずにいると、肌に大きなダメージを与える可能性があります。ウソをつかず、正直に申告しましょう。
その点、医療従事者による施術が行われるクリニックでは、体内にボルトを埋め込んでいても、施術を受けられることが多いようです。肌表面に近い場所ではなく、奥のほうにボルトがある場合は、その上からも施術が行われます。
脱毛をするつもりが、火傷だらけになってしまっては本末転倒です。自分の体は自分で守るべく、事前チェックはすべて正直に答えるようにしましょう。安全に施術を受けることが第一です。

筆者について

rankup

記事を表示 →